2018/6/16 スパタイGP2018年VWカップ特別戦 リザルト&レポート

2018.06.16

日時:2018年6月16日(土)
場所:袖ヶ浦フォレストレースウェイ
路面コンディション:ドライ
協力:フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社、ブリヂストンタイヤジャパン株式会社

20180616_a 20180616_b 20180616_c 20180616_d

スーパータイムアタックグランプリ(スパタイGP)2018年VWカップ特別戦が『injured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with Volkswagen』の本コース上での最終プログラムとして開催されました。

純粋に速さだけを追求するのではなく、ルールやマナーにも気を配りつつ走ることが求められるスパタイGP(昨季からオープンカーの出走が可能となり、皆勤賞を設定)は、一周入魂にて、クルマとドライバーがどれだけ真価を発揮できるのかを毎戦競っています。
ドライビング技術はもちろん、精神力や集中力も競うという、まったく新しいタイプのモータースポーツとして実施されており、一例を挙げるとタイムアタックに入る際に計測ラインの手前でライトオンし、走り終えたらライトオフにする、といったようなことが義務付けられています。これを守れなかったら、即失格なのです。
そして、計測後のアウトラップでピットインしなかった場合も失格となり、スピンおよびコースアウトをした場合も失格という厳しいレギュレーションのもとで実施されています。
つまり、走りに集中しつつ実行しなければならない様々な要素をこなし、なおかつ、安全マージンを残して走らないといけないわけです。

スパタイGPを極めることでリスク・マネージメント力が高まり、一般公道においても事故に遭わない/加害者にならないドライビング・スキルが身に付くといえるでしょう。
この部分が「injured ZERO」プロジェクト(国土交通省の安全運転推進事業等の認定実績がある)の一環として実施されている太田校長によるドライビングレッスン(フリー走行時にグリッドスタートも体験)のコンセプトと見事に合致しているわけです。

2018年シーズンもスパタイGPに協賛しているブリヂストンタイヤジャパン様から、POTENZA賞(審査員特別賞)として、POTENZA RE-71Rが贈られます。今季もシリーズを通して活躍した選手の中からスパタイGP運営委員会がマナーや成長度合いなど、速さだけではなく総合的に判断し、受賞者を選定する予定です。

また、スパタイGP前には、出走順位でグリッドにつき、レース形式のスタートによって行われる模擬レースも体験しました。

安全運転を楽しく学びたい方は、まず太田校長によるドライビングレッスンを受講し、さらなるステップアップを目指してスパタイGPにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


表彰式の模様

20180616_e 20180616_f

GTI CUP

ゴルフGTIによる『GTI CUP』は、ゴルフGTI クラブスポーツの大森選手が走行タイム:1’28.715で1位、ゴルフGTI M/Tの加藤選手が走行タイム:1’29.824で2位でしたが、賞典外だったので、ゴルフGTIの山崎選手が走行タイム:1’35.042で同率2位でした。1位にはフォルクスワーゲン グループ ジャパン提供のカップ、2位にはミニトートバッグが贈られました。


 

20180616_g 20180616_h

R CUP

ゴルフRによる『R CUP』は、ゴルフR Performanceの郷田鉄生選手が走行タイム:1’24.579で1位でしたが、賞典外だったので、ゴルフRの西岡選手が走行タイム:1’24.616で同率1位、関口選手が走行タイム:1’26.832で2位、仁藤選手が走行タイム:1’26.890で3位、村野選手が走行タイム:1’30.017で4位、小澤選手が走行タイム:1’32.712で5位、手島選手が走行タイム:1’41.534で6位でした(全車に一律で4WD車ハンデ:1秒が加算されるため、実際の走行タイムで表彰)。1位にはフォルクスワーゲン グループ ジャパン提供のカップ、2位にはバッグ、3〜5位にはコースター、6位にはクーラーバッグが贈られました。

お問い合わせはこちら

045-948-5540【お電話受付時間】10:00〜19:00