ルール概要

【ルール概要】

▼順位ポイント

1位 10P / 2位 8P / 3位 7P / 4位6P  / 5位5P
6位4P  / 7位3P / 8位2P  / 9位 1P / 10位1P
スピン、コースアウト、未完走、その他ペナルティは 0P
※シリーズ終了時に同点の場合は、過去の最高順位の高い方が勝ちとします。


▼ハンデキャップ

  • シリーズ第1戦は全車両ハンデ無しです。
  • 前戦の優勝車両は、2位とのタイム差をハンデとして課します。 例:第1戦の1位と2位車両に3.2秒差があった場合、1位の車両には第2戦で3秒のハンデ。※小数点以下は四捨五入
  • ハンデキャップのつき方は、変更となる場合もありますのでご了承ください。
※年間シリーズ途中でクラスを変更した場合は、ポイントとハンデは引き継がれません。
スパタイGP 公式通知№1-1
題目: 8-章典8-3ハンディキャップ改定
内容:
②4WD車両は、計測タイムに1秒加算される。
③ミッドシップ・リヤドライブ車は、計測タイムに1秒加算される。
④シーズン間では全員ノーハンデ。但し、前年度スパタイGP年間チャンピオン獲得者は、同クラスに出場する場合、計測タイムに3秒加算される。別クラスの場合は1秒加算され、「チャンプ」の称号が与えたれる。

以上、4月5日よりレギュレーションを改定する。
尚、上記のレギュレーションは4月11日第2戦より適用される。
平成27年4月3日   スパタイGP大会事務局


▼表彰

表彰はクラス及びシリーズ毎に行います。基本的に3位までをトロフィ授与としますが、参加人数により異なりますのでご了承ください。 排気量別、メーカー別でクラスごとに毎回表彰される他、年間チャンピオンへの表彰を行ないます。 ※表彰やクラス分けは、変更となる場合がありますのでご了承ください。

▼スパタイGP走行方式

  • コースコンディションにより、SS方式(1台毎)と周回アタック方式(全車同時走行)を選択して発表します。
  • ドライコンディションでは基本的にSS方式とし、タイムアタックを行います。
  • 走行順は基本的にフリー走行(練習走行時間帯)でのベストタイムの遅い順に行いますが、場合のよっては速い順となります。
  • インラップ、アウトラップを除いての計測は1周とします。周回は3周です。
  • 3周目にピットインしてください。ピットインしない場合はペナルティの対象です。
  • 2周目のタイムを計測します。計測周以外でもタイムアタック車に配慮して80%程度以上のスピードで、後続車のじゃまにならないように走行してください。
  • タイムアタック中は追い越し禁止ではありません。
  • スピン・コースアウトした場合は結果が残りません。慎重に走行しましょう。ただちにピットインしてください。
  • タイムアタックする際、最終コーナーを立ち上がった時点でヘッドライトを点灯して下さい。これは、タイムだけではなく様々な要素に配慮するというトレーニングにもなります。
  • 尚、タイムアタック終了後はヘッドライトを消灯し、極端にスピードダウンせずに80%程度のペースでピットにもどって下さい。タイムアタック車に追いつかれたらベストラインをゆずってください。
  • 雨天時や寒冷時などコースコンディションが悪い時、時間が十分に取れない時など様々な状況により、事務局判断で、周回アタック方式(全車同時走行)に変更になります。
  • 単に速さだけでなく、愛車と自己をコントロールし、安全に走りながら、安全マージンをきちんととった上で、タイムを競うスポーツです。いろいろな要素に配慮する気持ちが足りないとペナルティとなる仕組みです。

▼車両規定(改造可項目でも車検適用は必要です)

厳しい車検等は行いませんが、紳士協定として厳守してください。
1 車両 車種(ナンバー付きに限る)によるクラス分け
2 タイヤ(一般公道用) ラジアルタイヤのみ装着可 Sタイヤ禁止
3 シート 定員数の座席を備えること
4 シートベルト 4点式以上を推奨
5 衣服 レーシングスーツ着用推奨 長袖・長ズボン グローブ・ヘルメット必須
6 法定点検 車検期間が残っていること
7 マフラー リアサイレンサー装着が必須。車検対応マフラーへの交替は可。
8 エンジン 内部改造不可
9 内装 取り外し不可
10 冷暖房機器 取り外し不可
11 ファイナル 改造不可
12 ミッション 改造不可
13 コンピュータ フルコン不可
14 足回り 車検対応改造可
15 LSD 改造可
16 ブレーキ 改造可 スポーツパッド推奨
17 エアロ 改造可 車検対応
18 ホイール フェンダーはみ出し不可
19 エアロ GTウィング不可 装着している車両は外してきてください。
 

▼参加名を決めるに当たって

  • 商業ベースに乗ったような名前は付けることが出来ません(スポンサー名の利用など)
  • ご自身の名前または偽名は基本使用出来ます。
ただし明らかに悪ふざけと思われる偽名やハンドルネームは使用できません(協会での判断となります) 例 「Renault Megane RS T.YAMADA」 ※いわゆる「人馬一体」のお名前をお考えください 悪い例 「ドンキホーテ NISSAN GTR  夜露死苦」 ※ドンキホーテさんごめんなさい!  

お問い合わせはこちら

045-948-5540【お電話受付時間】10:00〜19:00